ブログ

110.スモールM&Aの融資を受けるには?

2020年11月6日

これからの経営者は、127万社もある承継者のいない会社を買取って自社の成長に寄与させる事も選択肢の一つである事を考える必要があると思います。それが出来れば、自社の成長スピードを上げると共に社会貢献にも繋がるからです。127万社の先輩経営者が 続きを読む

109.地方の高額不動産購入資金の調達は簡単ではない?

2020年10月30日

時々、関東地区以外の地方で宅地開発やマンション建設用地買収資金等の10億円以上の相談があります。スルガ銀行の「カボチャの馬車」問題以降、金融機関は全般的に不動産融資を絞ってスローになったと言えます。その上、元々関東地区以外の不動産は、担保価 続きを読む

108.売れない会社を売るには?

2020年10月22日

スモールM&Aの世界で「売れない会社」とは、どんな会社なのでしょうか?買手の動機も様々ですが、昔のように債務超過会社を買って合併して節税すると言うスキームが法改正以降は難しくなりましたので、やはり赤字や債務超過の会社を好んで買おうと 続きを読む

107.赤沼創経塾で講演させて頂きました。

2020年10月17日

赤沼創経塾の赤沼先生は行政書士でありながら、資金調達や事業再生のプロフェショナルで、「危ない隣の会社の資金繰り 」 や「 はじめての人の飲食店開業塾 」など、多くの著書を執筆されています。また、赤沼創経塾を主催者で、多くの士業の先生方に資金 続きを読む

106.引退する社長は現預金ごと会社を売るのは何故?

2020年10月10日

M&AのFA(ファイナンシャルアドバイザー)を務めていると、色々なケースに出会います。買収先の価値は2億円程の会社なのですが、売値は12億円なので融資が引けないと言う相談がありました。何故、そんなに高いのかと言いますと過去に事業譲渡した販売 続きを読む

105.M&Aでの成功はFA次第?

2020年10月4日

M&Aを行うに当たって「売る側」も「買う側」もFA(ファイナンシャルアドバイザー)を立てるのが一般的です。費用が勿体ないと思い相手先が FAを立てているのに自社は立てないとすれば、相手の言いなりになりになり、不味いと思い交渉を中断すれば高額 続きを読む

104.M&Aは魔法の成長薬?

2020年9月26日

M&Aと言う言葉に良く分からないとアレルギー反応を示す中小企業の経営者は多いと思います。しかしながら、跡継ぎのいない中小企業は170万社もあり、いずれ閉じるか売るかしかありません。近い将来、身近にならざるを得ない時代が来ると思います 続きを読む

103.売上の上げ方で赤字も増える不思議?

2020年9月18日

事業歴の浅い急成長しているIT系企業や製造業などに見られる現象で、売上を上げれば上げるほど赤字が増える会社があります。例えば、年商1億円が翌年には2億円に、更に3年目には3.5億円、4年目には5億円と急成長しているのですが、営業利益は3年目 続きを読む

102.儲かる事業でも融資は受けられない?

2020年9月13日

コロナの影響なのか、ある程度の規模の事業を断念する方が増え、それを拾う人からの相談が増えて来ております。普通であれば、事業を手放す時にはM&A市場を利用する訳ですが、まだ事業は計画段階と言うケースですと売却は難しく、知合いや取引先な 続きを読む

101.M&A市場にお宝は落ちている?

2020年9月4日

中小企業の約170万社が後継者がいないと言います。後継者がいないからと言って170万社の中小企業が清算してしまったら、雇用にも景気にも悪い影響が出てしまいます。ですから政府は当然事業承継の仕組みづくりに力を入れています。事業承継時の相続税の 続きを読む

お問い合わせ

ご相談は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ:03-6717-4600
お問い合わせ

ページの先頭へ