ブログ

「未分類」記事一覧

103.売上の上げ方で赤字も増える不思議?

2020年9月18日

事業歴の浅い急成長しているIT系企業や製造業などに見られる現象で、売上を上げれば上げるほど赤字が増える会社があります。例えば、年商1億円が翌年には2億円に、更に3年目には3.5億円、4年目には5億円と急成長しているのですが、営業利益は3年目 続きを読む

102.儲かる事業でも融資は受けられない?

2020年9月13日

コロナの影響なのか、ある程度の規模の事業を断念する方が増え、それを拾う人からの相談が増えて来ております。普通であれば、事業を手放す時にはM&A市場を利用する訳ですが、まだ事業は計画段階と言うケースですと売却は難しく、知合いや取引先な 続きを読む

101.M&A市場にお宝は落ちている?

2020年9月4日

中小企業の約170万社が後継者がいないと言います。後継者がいないからと言って170万社の中小企業が清算してしまったら、雇用にも景気にも悪い影響が出てしまいます。ですから政府は当然事業承継の仕組みづくりに力を入れています。事業承継時の相続税の 続きを読む

100.LBOで収益不動産が買える?

2020年8月29日

LBOとは、レバレッジド・バイアウトの略で買収相手の資産や今後生み出されるキャシュフローを担保に買収資金を調達し、少ない自己資金で買収する手法の事です。しかしながら、実際に担保価値を評価してもらうためには、かなり精密なデューデリジェンスが必 続きを読む

99.コロナの影響から脱するには?

2020年8月22日

コロナの影響は、ほぼ全産業と言っても良いぐらい多くの業界で受けています。勿論、被害の大小の違いはあると思います。被害の少ない業界は、経費を節減し業務のスピードアップ化を行い、少し筋肉質にしておけば、アフターコロナで乗り切れると思います。勿論 続きを読む

98.何故、再生協議会を勧められるのか?

2020年8月14日

リスケジュールは 中小企業金融円滑化法により、多くのケースで金融機関が応じるようになりました。しかしながら、この法律は平成23年3月で終了してしまいました。それでも金融機関は、その後もリスケジュールに多くのケースで応じています。問題は、リス 続きを読む

97.コロナ明けの業績回復に備えておくべき事は?

2020年7月31日

コロナ被害を受けた多くの方は、コロナ明けは売上が回復すれば何とかなると考えているのではないでしょうか?果たしてそうでしょうか?そもそも以前の売上時にそんなに余裕があるくらい利益が出ていたのでしょうか?特にコロナ関連融資を受けて赤字を埋めて来 続きを読む

96.コロナの赤字を資本準備金で消す?

2020年7月24日

創業時から資本政策を意識して来た経営者なら資本準備金の意味が解ると思います。例えば、起業時に資本金1200万円準備できるとしても資本金を1000万円未満にしておけば2年間消費税免除(2年目の免除は条件有)を受ける事が出来ますので、資本金を6 続きを読む

95.再生計画の意味を知らないと倒産する?

2020年7月16日

再生協議会へ持ち込んで、紹介された中小企業診断士の先生等に作成してもらった再生計画書の意味を良く理解していない経営者の方が困って相談に来ます。そもそも何故、再生協議会へ持ち込むかと言えば、一定の規模の会社で直接銀行と交渉してリスケジュールを 続きを読む

93.経理改善で更なる融資を?

2020年7月5日

コロナ関連融資と言えども億単位の申込では、通常の融資と変わらず、事業計画や資金繰り表なども要求される場合があります。勿論、金額が少なくてもコロナの影響以前から業績が悪い場合等にも各種経営資料を求められる場合があります。このような時に最も重要 続きを読む

お問い合わせ

ご相談は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ:03-6717-4600
お問い合わせ

ページの先頭へ