東京 資金調達、資金繰りのご相談を承ります。

資金調達でお悩みの経営者様へ 資金調達に成功するためのサイト 資金調達&経営コンサルティング

決算が黒字でも銀行から融資を断られた方

決算が黒字でも銀行から融資を断られた方

決算が黒字でも融資を断られた場合には、金融機関側の都合で断られたのか
それとも御社の内容の問題なのかを見分けなければ正しい対策が打てません。

その原因を確かめず、次々と金融機関に融資を申込めば全て断られてしまい
何処からも借りられなくなる危険があります。
特に粉飾を疑われたり、表面は黒字でも実質赤字や実質債務超過と診断され
ていれば、融資を断られるでしょう。

しかしながら、金融機関側の事情で貸せない事もあるのです。
それは、良く言われる担当者が変わってから借りられなくなったと言うのとは違い
ます。その金融機関の方針転換です。

これを見抜いて対応して行くのは、それ程簡単ではありません。
何故ならば、融資を断る担当者が本当の理由を言わないからです。
金融機関の担当者は、「保証協会が・・」、「本部の決裁が・・」などと色々理由づけ
して断りますが「当行の業績が悪くなり、自己資本比率が低くなり過ぎまして、本
部より貸出をセーブするように言われております。」なんて正直に言う銀行員は、
いないからです。

もし、御社の決算や試算表に問題があれば、その対策を行わず次の銀行に融資を
申込むのは自殺行為になりますし、申込んだ金融機関の問題であればどれだけ決
算書や試算表の対策を行っても解決しません。

このような時に、素人考えでメインが駄目ならサブメイン、サブメインが駄目なら
次と行っては絶対に行けません。
何故ならば、黒字であるにも拘わらず融資が下りないと言うことは、何か必ず問題 があるからです。
その原因が何か分からないまま、前に進むのは止めて下さい。
必ず、専門家に相談して下さい。

資金調達についてのアドバイス一覧
東京 資金繰りのインタープロスへのお申し込みはこちらのページから
(C) Copyright 2009 Interpross Corporation All rights reserved.

東京 資金調達、資金繰りのご相談を承ります。